介護福祉士の国家資格を取るなら勉強に集中できる専門学校がおすすめ

介護福祉の資格を短期間で取得するなら専門学校を卒業しよう

学校の講義室

介護福祉の現場で働きながらでも、介護福祉士の資格を取得することは可能です。高校を卒業し、介護事業会社で働いて実務を経験しながらという実務経験ルートがあります。ただし、3年の勤務にプラスして450時間の研修講座を受ける必要もあり、働きながらの取得は大きな負担にもなります。そこで、介護福祉の専門学校に通いつつ、負担を減らしながら介護福祉士の資格を取得するという最短の方法があります。
介護福祉の専門学校なら2年間基礎と学び、実務経験ルートよりも1年早く資格取得を行うことができます。専門学校では基礎からしっかりと学べるだけでなく、働きながらという負担により、集中して資格取得に挑めないという問題を解決することができます。無理なく資格取得につながるだけでなく、専門学校では実践的な経験を積むこともでき、介護福祉士の資格を取得したものの、名ばかりだけの資格と化してしまうこともありません。勤め先で、即戦力として働くことができるようにもなります。さらに国家試験対策も充実しており、働きながらで何度も試験に落ちてしまうといったリスクも軽減することができます。そのほかにも、専門学校なら奨学金制度を利用することもでき、学費の捻出に困ることもありません。高校を卒業して直ぐに介護現場で働くよりも、ランクが上のスタッフとして活躍でき将来的な収入アップも期待できます。

介護の現場で広く活躍していきたいなら介護福祉の専門学校に通おう

介護に関する資格の中でも、デイサービスなどの施設の現場で広く活躍できる資格として介護福祉士があります。要介護の方々に対して身体介護はじめ、生活の支援や相談への助言なども行え、現場のエキスパートとして広く活躍できます。施設で働く職員のリーダー的な存在にもな…

MORE


TOP

Copyright © 2021 介護福祉士の国家資格を取るなら勉強に集中できる専門学校がおすすめ All Rights Reserved.