介護福祉士の国家資格を取るなら勉強に集中できる専門学校がおすすめ

学費の負担を減らして介護福祉士の資格を取得するなら専門学校を活用

資料とメガネとペン

介護福祉の仕事に就きたいと考えているものの、収入的な問題から国家資格を取得して活躍したいという方は多いと思います。大学や短大を卒業して介護福祉士を取得して活躍するという方法があるものの、4年制大学の学費の負担が大きく、高校を卒業して働こうとしているなら介護福祉の専門学校を活用するのがおすすめです。専門学校なら2年間で済み、大学や短大同様に介護福祉士を取得することができます。また、在学期間が短い専門学校なら学費も少なく済みます。
国立の4年制大学で学費が約3百万円のところが、専門学校なら2百万円ほどに収まるだけでなく、大学や短大同様に専門学校では奨学金制度もあります。そのため、学費を準備することの難しい家庭であっても負担を減らすことができ、進学によるアドバンテージを受けることができます。さらに専門学校で取得できる資格は国家資格となり、介護福祉事業に就職する際でも給与アップが期待できるというメリットもあります。
そのほかにも、介護福祉の専門学校では国家資格の合格率が高いところもあり、介護福祉士の試験を1回で合格することもあり、資格取得までの負担が少ないなどのメリットもあります。短期間での資格取得は徹底した対策も行われるため、効率良く資格取得まで行いたいという方にも向いています。介護福祉のためにワンランク上の資格取得を目指すものの、学費の問題があるなら専門学校を検討してみましょう。

介護の現場で広く活躍していきたいなら介護福祉の専門学校に通おう

介護に関する資格の中でも、デイサービスなどの施設の現場で広く活躍できる資格として介護福祉士があります。要介護の方々に対して身体介護はじめ、生活の支援や相談への助言なども行え、現場のエキスパートとして広く活躍できます。施設で働く職員のリーダー的な存在にもな…

MORE


TOP

Copyright © 2021 介護福祉士の国家資格を取るなら勉強に集中できる専門学校がおすすめ All Rights Reserved.