介護福祉士の国家資格を取るなら勉強に集中できる専門学校がおすすめ

介護福祉士の資格は専門学校に通って取得しよう!

エプロンを着た女性

介護福祉士の資格は専門学校に通って取得する道が、効率的に資格取得ができ、即戦力になれる可能性が高くなります。近年の高齢化社会には「介護福祉士」の需要は増えています。国家資格という安定性もあり、将来資格取得を目指す方は多いと思います。介護福祉士の資格取得をするには「実務経験3年以上つみ、国家資格試験に合格」「専門学校等の養成施設を卒業し、国家資格試験に合格」「福祉系高校、又は福祉系特例高等学校を卒業後に筆記試験等に合格」の3つの道があります。
その中でも2年間という最短期間で、資格取得までの要件を満たせる道が、養成施設(専門学校と短期大学)を卒業し、国家資格を取得するルートです。特に専門学校は職業のスペシャリストを育成する教育機関なので、実践的なカリキュラムの中で現場感を学ぶことができ、就職した後も即戦力として働ける可能性が高いです。短期大学も同じく2年間ですが、短期大学は介護福祉の勉強をしながら一般教養の勉強を平行して行わなければいけないので、かなり忙しいです。専門学校も忙しさはありますが、介護福祉士になるために、介護福祉の勉強に集中できる環境があります。何より専門学校に集まった仲間は、一緒に「介護福祉士」という夢を目指します。同じ夢を目指す一生涯の仲間を、「専門学校」に探しに行きませんか?

将来を見据えて専門学校に通って介護福祉士を目指す

少子高齢化が現実の問題となった日本では、介護福祉に関する資格などを目指す人も多くなりました。介護系の資格と言えば真っ先に思い浮かぶのが介護福祉士です。この介護福祉士は今もっとも注目されている国家資格になります。
では、この介護福祉士はいったいどんな仕事をするのでしょうか。基本的には日常生活に支障がある人を介護することはもちろん、他にも介護を必要とする人の家族などに介護に関する指導をしたりします。病院や介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、デイケアセンターなどが、介護福祉士の活躍する主な現場です。
介護福祉士になるには厚生労働大臣の指定する専門学校を卒業した上で国家試験に合格しなければなりません。もしくは介護実務の経験を3年以上積み、540日以上の実働日数を満たした上で国家試験に合格するという方法もあります。
介護福祉士になる道は以上の2通りありますが、やはり専門学校に通った方が近道だと言えるでしょう。確かにテキストなどを購入しての独学や通信講座で学ぶという方法もあります。でも、それでは3年以上の勤務経験が必要となりますので、資格取得にはまだまだ時間がかかってしまうのです。ただし専門学校ならどこでもいいというわけではありません。やはり自分に合ったところを選ぶことが重要になります。

介護福祉の専門学校へ行く3つのメリット

将来的に介護の仕事に就きたい場合、高校卒業後の進路として、就職するか専門学校へ進学するかで悩む方も多いのではないでしょうか。どちらにもメリットデメリットはありますが、進学した場合のメリットは三つほど挙げられます。
一つ目は、介護福祉士の資格取得までの時間が短く済むことです。介護福祉士の受験資格を得る方法は二つあります。ひとつは高校卒業後すぐに福祉施設へ就職し、三年間の実務経験を積み実務者研修を受ける方法。もうひとつは、介護福祉の専門学校へ進学する方法です。進学先で勉強した場合、試験さえ合格すれば実務経験を積むより一年早く介護福祉士として活躍することができます。
二つ目のメリットは、その他の福祉関連の資格も取得できることです。福祉の資格は介護福祉士以外にもあります。福祉用具専門相談員や福祉住環境コーディネーターなどの資格を取得することも可能です。実際に複数の資格を取得する学生も多くいます。
三つ目は、就職についてアドバイスが受けられることです。専門学校には就職担当のスタッフがおり、学生たちの就職活動をサポートしてくれます。また専門学校とのパイプをもつ施設へ就職できる場合もあり、専門学校だからこそのサポートも期待できます。
高校卒業後にすぐ仕事に就くのは不安がある、資格取得まで最短ルートをとりたいなどの場合は、介護福祉の専門学校への進学を検討してみるのも良いでしょう。

介護の現場で広く活躍していきたいなら介護福祉の専門学校に通おう

介護に関する資格の中でも、デイサービスなどの施設の現場で広く活躍できる資格として介護福祉士があります。要介護の方々に対して身体介護はじめ、生活の支援や相談への助言なども行え、現場のエキスパートとして広く活躍できます。施設で働く職員のリーダー的な存在にもな…

MORE


TOP

Copyright © 2021 介護福祉士の国家資格を取るなら勉強に集中できる専門学校がおすすめ All Rights Reserved.